八ヶ岳山行〜 編笠・権現岳 登頂記 〜

 さる8月29日、北辰館「岳友会」メンバーで1泊2日の八ヶ岳山行に行きました。今回はその山行の特集です。

 さて、北辰館「岳友会」とは一体何でしょう? それは「館長沼田広慶が会長を務める山岳団体・・・」といえば聞こえはいいけど、要するに北辰館関係者内の単なる山好きの集団。行く時は年に何度も山行に行くが、行かない時は何年も何もしないというグータラ山岳チームです。
 今回のメンバーは館長沼田広慶と北辰館OBの飯野、畔上、同じく北辰館OBで今回登山は初経験の大学生の市川君。

 1泊2日の行程とはいうものの、夜行列車で行くため実質的には車中泊を含めた2泊3日。29日の夜21:00に北辰館に集合し荷物を整えます。館長と市川君はその直前まで北辰館で柔道をしていたので、大急ぎで着替えて支度を済ませて、さあ出発!
 JR新宿駅より中央線「急行アルプス」に乗り換え目指す小淵沢に着いたのが午前2:00頃。駅前のコインロッカーの小屋で明け方までのささやかな仮眠をとります。
 午前5:00にタクシーで登山口の観音平まで向かい登り始めました。

 最初の目的地「雲海展望台」までは約1時間。やっぱり昨夜の睡眠不足もたたり登り始めはみんなややバテ気味です。次の目的地「押手川」(川といっても単なる山道の分岐。水はない場所)についた時はみんなへとへとでした。しかしここから最後の編笠山までが今回最大の難所。急勾配の斜面をひたすらまっすぐの道は残った体力を搾り取っていきます。
 

分岐の写真

 編笠山に到着すると今までの苦労が吹き飛ぶような広大な展望が開けてました。2523.7メートルの標高は北にそびえる南八ヶ岳連峰を除けば、視界をさえぎる物は何もない心地よさ! 抜けるような快晴だったため、間近の八ヶ岳各峰はもちろん、遠方の富士山、南アルプス、諏訪湖まで見渡すことが出来ました。

山頂
山頂

 山頂

山頂より

 青年小屋のテント場に着くとさっそくテントを張り、最小限の荷物だけをもってからみで権現岳に向かいます。残念ながら行きの行程で体調を崩してしまったメンバーを残して3名で出発しました。

テント 

テント

 権現岳に近づくにつれ、両側の切り立った稜線や足の掛ける場所もほとんどない岩の斜面のクサリ場、すぐに崩れ落ちる岩のガレ場が続きます。時間的には青年小屋から1時間半と短い行程でしたが気の抜けない難所がずっと続きました。というわけで、あまり写真を撮る余裕もなく証拠写真(!?)で勇姿をお見せできないのが残念です。

山頂

 権現岳の山頂はこれまた切り立った岩で出来ています。本当に一番上にある岩の上に上ったのは館長ただひとり。最年長のクセに(?)もっともフットワークの軽い所を見せてくれました。2704メートルの標高は編笠山より高いのですが、足場の悪さにあまり展望を楽しむ余裕もなく降りることにしました。

 青年小屋キャンプ場で1泊した翌日は、まだ暗い朝4時起きで編笠山山頂を通らないルートで再び観音平まで降りました。 
 行きも帰りもよい天気に恵まれたラッキーな山行でした。初体験の市川君お疲れ様でした。

(記:飯野)

バー

HOME   BACK   e−mail