館長より、君へ。 1999年 11〜12月

<12月号>

世紀末を迎えて

 来年の西暦2000年は100年に1度の世紀末である。古来、世紀末は社会不安が広がりやすいが、諸君には冷静な論理的知的判断を望みたい。 
 国際社会は冷戦後の新たな人類の目標を確立できないでいる。民族紛争や宗教対立は一向に収まる気配がない。いや、それどころか、ますます大きな火種を人類は抱え込みつつあるように思える。一部の大国による覇権主義も要注意だ。さらに、エネルギーや食糧問題さらには環境問題も考えると、人類社会の未来は極めて危機的な状況といえるだろう。コンピュータの2000年問題などは一過性の小さな問題である。勿論、これには十分な対応を準備する必要はあるが、いたずらに騒ぎ立ててはなるまい。それよりも、1年後に、無事21世紀を迎えられるよう、しかも、希望に満ち溢れた新世紀を迎えられるよう、我々はこの1年を有意義に過ごす必要がある。 
 まずは現状の冷静な分析から始めよう。地球人として、日本国民として、そして、学生なり社会人として、さらには家族の一員として、今、何が問題なのか、何を目指すべきなのか、そして自分はどうすべきなのか。決して、人任せにしてはならない。自分自身で判断し、自分自身の責任で行動しなければならない。今年一年を反省し、新たな目標を立てて欲しい。諸君一人一人の知恵と勇気に期待する。良い年を迎えられんことを。
 

<11月号>

読書のすすめ(1)

 館長が小学校時代に読んだ本を中心に今月は小学生向けの本を紹介したい。興味がある者は是非読んで欲しい。(順不同。)

(日本文学50選)

(1)次郎物語(下村湖人) (2)野菊の墓(伊藤左千夫) (3)坊っちゃん(夏目漱石) (4)二十四の瞳(坪井 栄) (5)トロッコ(芥川龍之介) (6)しろばんば(井上 靖) (7)路傍の石(山本有三) (8)走れメロス(太宰 治) (9)ビルマの竪琴(竹山道雄) (10)伊豆の踊子(川端康成)(11)山椒大夫(森  鴎外) (12)生まれ出ずる悩み(有島武郎) (13)真実一路(山本有三) (14)子供の四季(坪田譲治) (15)コタンの口笛(石森延男) (16)こころ(夏目漱石) (17)智恵子抄(高村光太郎) (18)怪談(小泉八雲) (19)阿部一族(森 鴎外) (20)破戒(島崎藤村)  (21)小僧の神様(志賀直哉) (22)一握の砂(石川啄木) (23)蜘蛛の糸(芥川龍之介) (24)風の又三郎(宮沢賢治) (25)山椒魚(井伏鱒二) (26)風立ちぬ(堀 辰雄) (27)富嶽百景(太宰 治) (28)名人伝(中島 敦) (29)城之崎にて(志賀直哉) (30)杜子春(芥川龍之介) (31)銀河鉄道の夜(宮沢賢治) (32)友情(武者小路実篤) (33)恩讐の彼方に(菊池 寛) (34)たけくらべ(樋口一葉) (35)片耳の大シカ(椋 鳩十) (36)赤蛙(島木健作) (37)夕鶴(木下順二) (38)龍の子太郎(松谷みよ子) (39)潮騒(三島由紀夫) (40)セロひきのゴーシュ(宮沢賢治) (41)小さき者へ(有島武郎) (42)父帰る(菊池 寛) (43)グスコーブドリの伝記(宮沢賢治) (44)ウミヒコヤマヒコ(山本有三) (45)木龍うるし(木下順二) (46)一房の葡萄(有島武郎) (47)サーカスの馬(安岡章太郎) (48)雪国(川端康成) (49)高瀬舟(森 鴎外) (50)ごんぎつね(新美南吉)

(外国文学50選)<作者は省略します。>

(1)水滸伝 (2)昆虫記 (3)小公子 (4)ガリバー旅行記 (5)三国志演義 (6)オオカミに冬なし (7)トム=ソーヤの冒険 (8)星の王子様 (9)西遊記 (10)ギリシャ神話 (11)赤毛のアン (12)ドリトル先生物語 (13)ベニスの商人 (14)飛ぶ教室 (15)シートン動物記 (16)にんじん (17)ハムレット (18)アルプスの少女 (19)クリスマス・キャロル (20)青い鳥 (21)ドン=キホーテ (22)クオレ (23)森は生きている (24)ニルスの不思議な旅 (25)アンデルセン童話 (26)最後の授業 (27)エミールと探偵たち (28)キュリー夫人 (29)グリム童話 (30)ロビンソン=クルーソー (31)アーサー王物語 (32)エイブ=リンカーン (33)若草物語 (34)フランダースの犬 (35)ピーターパン (36)イワンのばか (37)宝島 (38)チップス先生さようなら (39)アラビアン=ナイト (40)家なき子 (41)十五少年漂流記 (42)レ=ミゼラブル   (43)海底二万里 (44)ジャングル=ブック (45)ピノキオ (46)不思議の国のアリス (47)シャーロック=ホームズの冒険 (48)あしながおじさん (49)アンクル=トムの小屋 (50)風に乗ってきたメアリー=ポピンズ

 *まだまだ紹介したい本が山ほどあるが、今回はこの辺でひとまず筆を置きたい。

バー

HOME   BACK   e−mail