館長日誌 2012年

2012年(平成24年)

12月31日(月)

 読めなくてたまってしまった本を片っ端から読破。朝から夜中の12時まで頑張ったが、6冊が限界だった。目が疲れた。近所の神社に家族と初詣で。

12月30日(日)

 冬期講習会と1月以降の通常クラスの予習。

12月29日(土)

 12月24日(月・祝)の振替授業を行う。夜8時半から高校3年生の受験進学相談。模試の成績を見ながら志望校の最終決定。合格してほしいな。

12月26日(水)

 柔道場の稽古納め。通常練習の後で、1月の昇段審査に向けて形の特訓稽古。まずまず順調だ。

12月25日(月)

 冬期講習会開講。午前9時から午後10時まで、授業の連続。いつものことで慣れていえるとはいえ、やはり疲れる。頑張るしかない。

12月23日(日)

 北辰館スクールと柔道場の大掃除。家族総出で動き回った。これで一つ大きな行事が終了した。

12月22日(土)

 北辰館柔道場の忘年会。3人の現役師範代は勿論、元師範代や大人の門生たちが皆集まり、来年への抱負を語りあった。いつもながら楽しい会だ。

12月15日(土)

 北辰館スクール岳友会の忘年会。今年新しく入会した新人ばかりでなく、今年上智大法学部に合格した教え子も特別参加して座は大いに盛り上がった。彼女は今後、山ガールとして岳友会の登山に参加するとのこと。ありがたいことである。

12月12日(水)

 定例理事会。来年度の行事日程を最終確認。今年度の各行事の決算報告。などなど。

12月9日(日)

 来春の鍛錬登山の下見で、高尾山から景信山までを往復。低山ながら冬枯れの山を堪能した。

12月6日(木)

 業界で行われた高校入試志望状況の説明会に出席する。人気校は相変わらず高倍率だ。 

12月2日(日)

 塾業界の合同忘年会。NPO塾全協東日本ブロック理事長として挨拶する。来年の諸行事の案内をするとともに各団体に協力をお願いした。

12月1日(土)

 東葛柔道会忘年会に出席。柔道界のすそ野を広げようと意見を交わした。柔道人口がフランスより少ないのは残念だ。

11月25日(日)

 先週に引き続いて開成関連だ。今日は東京のホテルオークラで開催された開成柔道部創設100周年記念パーティーに出席した。例によって各界で活躍している先輩や後輩が200名ほど集まったが、半分以上が東大か国立医大に進んでいるせいかどうかわからないが、柔道を続けているものは少ないようだった。一緒に乱取りをやった先輩の一人が最近まで財務省の事務次官とかになっていたとかで話題になっていたが、その世界には縁がない館長はとてもじゃないが話の輪に入れない。そばで耳を傾けるのみである。ただし、師範として柔道場を開いている者は館長以外にはいないといっていいので、ここでも珍しがられたが、門生の一人が開成に入学し、しかも現役柔道部員として活躍しているおかげで館長としては肩身の広い思いができた。教え子に感謝感謝である。

11月20日(火)

 国会議事堂本館の会議室で開かれた勉強会に出席する。政府側としては文教関係の国会議員や文部科学省、経済産業省の役人が出席した。塾業界からは業界代表として6人が出席。NPO塾全協東日本ブロック理事長である館長はそのうちの一人として参加したものである。1〜2年前から数回行われてきたが、今回の議題は理数教育の振興である。内容はFACEBOOKに書いたのでここでは省略するが、いつもながら討議時間が少なかった。議員も忙しいのはわかるがもう少し時間を取ってほしいと思う。

11月18日(日)

 開成卒業40周年記念同窓会に出席。なつかしい友達と大いに語り、おいしい酒も楽しんだ。医者、弁護士、大学教授、保険会社、銀行、商社、広告、出版、マスコミ関係、中央官庁と職業は多彩だったが、皆、各界を代表するようなエリートばかりだった。館長のように小さな個人塾を開いているような者は一人もいない。しかし、それがかえって珍しがられて文武両道塾の話をさせられた。さすがに勉強ができる者ばかりなので、教育には関心があり、いろいろ貴重な意見をもらうことができた。名刺の肩書をみると普段は会うのも大変な連中だが、今日ばかりは「おい、おまえも年取ったな」と気軽に話せるところが面白い。大半が外国での暮らしを経験していた。先進国ばかりではなく、砂漠の国やジャングルで生活していた者もいて、興味深い話を聞くこともできた。5年後に再会を約束して別れたが、今から楽しみである。

11月17日(土)

 地理検定の会場として北辰館の教室を貸す。館長はもともと地図大好き人間なので将来は受けてみたい気もする。

11月16日(金)

 塾生用トイレ2つのうち1つを和式から様式に変えた。塾生からの要望が多かったためである。これで一件落着。

11月11日(日)

 恒例の秋季鍛錬登山。奥多摩の高水三山に上る。東京は勿論、遠く福島県からも卒塾生が参加してくれた。館長が会長をしている登山クラブ「北辰館スクール岳友会」が主催するもので、卒塾生が中心となって活動している。現役の通塾生が参加することもある。今回は大学生以上の大人だけである。下山後は紅葉の御岳渓谷で地酒を楽しんだ。卒塾生との語らいは本当に楽しいものである。

11月3日(土・祝)

 第38回塾全協全国研修大会。「改革のうねりはさらに続く〜制度の改革と質の改革〜」がテーマ。基調講演は東京学芸大学教職大学院特任教授の大熊雅士先生。パネリストは大熊教授のほかに、下村博文氏(自民党衆議院議員)、大島九州男氏(民主党参議院議員)、實吉幹夫氏(東京私立中学高等学校協会副会長)である。詳細は塾全協のHPに掲載予定だが、無事盛会のうちに終了。参加してくださった皆様方に感謝。心から御礼申し上げたい。また、内藤実行委員長をはじめ、準備に走り回ってくれたスタッフの先生方にも感謝感謝である。本当にお疲れ様でした。

10月28日(日)

 待ちに待った松戸市民柔道大会。北辰館からは精鋭7名が出場した。結果は中学3年生の部、準優勝。高校有段者の部、第3位であった。小学生と一般の部は健闘したが、メダルには届かなかった。課題多し。まずは師範代から鍛え直そう。

10月27日(土)

 先月の終わりに受験相談に来た卒塾生の女子高生が再び来館。館長と相談した学習計画の実行状況を報告してくれた。まずまずの努力をしている。この調子で頑張ってほしいな。

10月23日(火)

 NPO塾全協千葉支部主催の入試説明会と教材展示会。理事長として各ブースを挨拶回りしたあとで、冬期講習会の教材を検討する。中学校の教材はすべて改訂されているため、検討にも時間がかかる。資料や見本をたくさん仕入れてきた。じっくり考えたい。

10月21日(日)

 終日、毎月発行の北辰タイムズや情報版の原稿書きに追われる。教育関係資料の膨大なファイルを前にため息をつきつつ、原稿をまとめる。疲れる作業だ。

10月20日(土)

 小6の中学受験生の月例模試。頑張ってくれよ。

10月14日(日)

 小学生を対象とした、恒例の秋のハイキング。今回は埼玉県の天覧山(てんらんざん)と多峯主山(とうのすやま)である。下山後は河原遊びのおまけがつく。小学生はサッカーや野球、おけいこごとの発表会もあり、あまり参加できなかったが、それでも、小学生が12名、大人が5名、合計17名の参加となった。天気にも恵まれ、楽しいハイキングであった。河原では子供たちが歓声を上げてはしゃぎまくっていた。自然にふれることは心の教育になると思う。人間には土と緑と水が必要なのだ。

10月13日(土)

 今日から保護者面談の開始。これからほぼ毎日、10月末まで面談が続く。第一志望校や併願校を決める大事な面談である。資料もそろえて万全の態勢で臨みたい。

10月10日(水)

 理事会。11月3日のわがNPO塾全協が主催する全国研修大会の準備が中心。タイムテーブルや細かい役割分担等の確認を行う。基調講演者の大熊教授は問題ないが、パネリスト4人のうち、二人は国会議員だ。政治の流れによってはスケジュール調節がむずかしくなるのではないか。大会宣言はもちろんのこと、まだまだ課題はたくさんある。あと3週間で解決しなければならない。実行委員長も大変だ。皆で支えなければ。全責任は当然、理事長の私がとる覚悟である。無事終わることを祈りたい。

10月9日(火)

 朝食を10分で済ませ、早朝の新幹線に飛び乗る。帰宅と同時に事務所に飛び込み、授業の準備に入る。勿論、広島に行く前夜、徹夜であらかたの準備はしてあるが、今一度確認。研修直後はいつもながら授業の際、肩に力が入ってしまう。エネルギーが充填された感じである。

10月8日(月・祝)

 午前中に呉を回ってから、広島に戻り、縮景園、広島県立美術館を見学。午後からは教育シンポジウムに参加する。かなりきついスケジュールでゆっくり食事をしている暇もない。国会議員の話が耳に残る。塾は勉強を教えるだけではなく、心の教育にも力を入れてほしいとのこと。同感だ。わが北辰館スクールの文武両道教育の目的はまさにここにある。全人的な教育を目指しているのだ。

10月7日(日)

 広島で歴史研修。広島城と広島護国神社を回った後で、宮島口に出て、フェリーで厳島神社へ。神社とその周辺をガイド付きで約4時間歩き回る。NHKの大河ドラマの影響か、大変な混雑ぶり。広島は2度目。1回目は原爆関係を中心に回ったが、今回は別の視点からの研修となった。広島は緑の多いきれいな街である。原爆が投下されたむごい歴史を感じさせない明るい街であった。しかし、ふとした所に慰霊の碑が立っていることがある。原爆投下の歴史は決して風化させてはならないことである。合掌。

10月3日(水)

 柔道特別安全指導の第2回目。無理はしないで、しかしできるだけ動いて指導する。足は確実によくなっていると思う。

9月30日(日)

 川越プリンスホテルでの進学相談会。台風が心配だったが、夕方風雨が強くなる前に閉会したので、まずまずの盛会だった。岐路は武蔵野線が南越谷で止まってしまったので、1時間並んでタクシーで帰宅。なんだかとても疲れた。懇親会でのあいさつでは塾生たちの実例をあげて英語教育の大切さを訴えた。

9月26日(水)

 柔道特別安全指導が今日から始まる。全10回の予定。ただし、まだ館長がほとんど動けないので師範代に全面的に指導を任す。館長は監督しているだけでつまらないがしかたがない。一日も早く治したいと思う。

9月23日(日)

 地元の小学校の運動会。元PTA会長として来賓招待を受けていたが、午後から少しだけ見に行く。前日いい気になって歩いたせいでまた足が少し痛くなってきたからだ。ここは無理をせずに直したいと思う。

9月22日(土・祝)

 柏での進学相談会。開会挨拶は新宿と同様杖を突いたままであったが、かなり良くなってきている。今回は新宿と違って各ブースの先生がたにも挨拶して回ることができた。もう少しだ。私学の先生方も塾の先生も皆、お疲れ様でした。参加していただいた生徒や保護者の皆様にも本当に感謝いたします。ありがとうございました。

9月17日(日)

 昨日に続いてファイルの整理と処分。やはり動けないので時間がかかる。妻に手伝ってもらう。膨大な資料を分類し、新たなファイルに整理するのは妻の仕事だ。本当に助かる。感謝感謝。また段ボール5〜6箱分のゴミが出た。今度はさすがにすっきりした感じがする。数年前からの懸案事項が一つ片付いた。

9月16日(日)

 肉離れでまだ思うように動けないので、事務所の中で書類の整理。小さな塾なのにそれになぜか似合わないほどの膨大なファイルを片っ端から処分した。かなり捨てたつもりだったが、終えて見回してみるとあまり変わらない感じでがっくりしたが、とにかく段ボール箱7〜8箱分は捨てた。明日も続く。

9月9日(日)

 新宿NSビルでの進学相談会。開会の理事長挨拶では杖を突いたままマイクの前に立った。皆が気を使ってくれた。普段は何時間も立ち続けで会場にいるのだが、今回だけは本部の椅子に腰かけたままで楽をさせてもらった。感謝感謝である。昨年をやや上まわる4千数百人の来場者があった。ありがたいことである。ご協力いただいた百数十校の私学の先生方に心から感謝申し上げたい。稲葉実行委員長をはじめとする実行委員の先生方にも心から御礼申し上げたい。そして何より当日参加していただいた生徒や保護者の皆様に心から御礼申し上げたいと思う。皆様、本当にありがとうございました。

9月8日(土)

 柔道場の社会人門生とその友人が来訪。授業が終わってから深夜まで楽しい会合。明日は朝早くから新宿NSビルに行かなければならないので、12時を回ったところでお開き。今度一緒に登山に行こうと盛り上がった。楽しい仲間がまた増えた。

9月5日(水)

 理事会。9月9日(日)のNPO塾全協東日本ブロック本部主催の進学相談会(新宿NSビル)、22日(土・祝)の千葉支部主催の進学相談会(三井ガーデンホテル柏)、30日(土)の埼玉支部主催の進学相談会(川越プリンスホテル)の実行委員会を兼ねる。タイムテーブルを前に詳細な打ち合わせ。ベテランの実行委員がいるので安心して見守れる。あとは当日を待つのみ。

9月1日(土)

 夏期講習会の補習と小6中学受験クラスの模試、中1・2・3年の学力診断模試。

8月26日(日)

 北辰館柔道場恒例の夏季暑中特訓稽古。通塾生のみならず卒塾生や元師範代たちも集まってくれて大賑わいの稽古となった。怪我で動けない館長を皆が助けてくれた。練習試合も白熱した試合が展開し暑さを吹き飛ばしてくれた。こうした行事も皆の協力がなければできないことだ。本当にありがたい。感謝感謝である。

8月3日(土)

 肉離れの症状が悪化したので、病院で見てもらう。重症だが骨には異常がないとのことで一安心。1週間後には何とか授業ができると思う。痛み止めの効果に期待したい。8月第2週が塾の夏休みなので助かった。13日(月)からの夏期講習会第3期は大丈夫だろう。この1週間は1日8時間勉強して8時間読書しよう。予定していた北アルプスへの登山は行けなくなったが、充実した1週間となりそうだ。

8月1日(水)

 夜の柔道練習中に左大腿部の裏の筋肉を断裂。かなりひどい怪我をした。

7月30日(月)

 夏期講習会第2期開講。

7月23日(月)

 夏期講習会第1期開講。

7月21日(土)

 事務所と自宅ののパソコンを新しくした。また、別に新しくノートパソコンを2台購入し、1台は個人用、1台は教室用に使用する。今まで使用していたデスクトップ2台と2つのノートパソコンは古くなったのですべて処分した。社会人の教え子に手伝ってもらった。感謝感謝。

7月11日(水)

 定例理事会に出席。9月9日(日)に開催される進学相談会と11月3日(土・祝)に開催される全国研修大会の打ち合わせ。

7月10日(火)

 事務機器の展示会に出席。最先端のIT教育機器について学ぶ。

7月8日(日)

 東京のビッグサイトで開催された東京国際ブックフェアに招待される。北辰館文庫のために数冊を購入した。

7月7日(土)

 北辰館スクールを会場として地理検定が行われる。

7月4日(水)

 東京の駒込学園の協力のもと、NPO塾全協東京支部のIT研修会が開催された。理事長として出席。

7月1日(日)

 新横浜で開催された教育シンポジウムにNPO塾全協を代表して出席する。研修後、首都圏の教育関係者と懇談。

6月27日(水)

 学習塾団体合同会議に世話人の一人として出席。今年度下半期の塾団体イベントの打ち合わせと、NPO塾全協主催の進学相談会への協力要請を行う。

6月13日(水)

 NPO塾全協の理事会。9月9日(日)の進学相談会および11月3日(土・祝)の全国研修大会の準備委員会を兼ねる。担当理事は大変だ。今回からfacebookを使って動員を図る予定。

6月10日(日)

 松戸市の柔道大会。中3生が3位となって銅メダルを獲得した。おめでとう。

6月2日(土)

 松戸の商工会議所で松戸市体育協会から体育功労者として表彰された。市長の挨拶があった。大変名誉なことだとありがたく賞状を頂いた。柔道場を長くやっていて良かったと思う。今年は33年目だ。

5月27日(日)

 東京の中野サンプラザで東日本ブロック総会と全国総会が開催された。理事長に選出される。3期目に突入だ。頑張るしかない。この日は総会後、中高入試を考える会という塾全協主催のイベントがあった。全て無事終了。全国の仲間たちとおいしい酒を酌み交わした。

5月21日(月)

 午前7時半ころ、新大阪駅の近くで皆既日食を観察する。曇っていたため、少しの時間しか見れなかったが、十分に満足して新幹線に飛び乗った。

5月20日(日)

 NPO塾全協西日本ブロックとの会合に参加するため新大阪に行く。和気あいあいの仲間と楽しい一日を過ごした。

5月13日(日)

 恒例の春のハイキング。今回は高尾山。何度も行っているお馴染の山だが不思議と飽きない山だ。小学生11名、保護者2名、引率スタッフは館長を入れて3名、全員で16名だった。10名を超えれば、山では十分な団体といってよい。全員を常に把握していなければならないので疲れる。3000メートルの山でも高尾山のような観光登山の山でも同じである。どんなところでも安全第一で行動することが大切だ。この日は天気も良く、事故もなく、新緑を楽しむことができた。

5月6日(日)

 連休中は家族とずっと山にいた。今日は赤城山だったが、下山途中で天候が急変した。ごおっと音がしたかと思うと、空が真っ暗になって突風が吹いた。雨も突然バラバラと降ってきた。ちょうど竜巻の被害が各地で発生した頃だと思う。よほど大気が不安定な状態だったのだろう。大自然の力の前では人間はもっと謙虚にならなければいけないと思う。

5月1日(火)

 ゴールデンウィ―ク中の読書計画を立てる。歴史物が多い。家族で出かける予定もあるが、往復の電車の中で読めるだけ読むつもりだ。先日届いた新しい中学校の教科書も総チェックが必要だ。業界における研修は一応済んでいるが5教科の全てのページをあらためて確認しなければならない。しかしこれは楽しい作業なので全く苦にならない。

4月30日(月・祝)

 北辰館の元講師たちとの春の定例飲み会。今回は横浜にある老舗牛鍋屋で開催した。上は40歳を超えている者もいる。様々な業界で働いている者たちから館長の方がいろいろと教えてもらうことが多い。この会もまた本当に楽しい会だ。

4月29日(日)

 下見を兼ねて、ファミリー登山で伊豆ヶ岳に登る。ツツジ、山桜、山吹などが咲き乱れ、春の山を満喫した。妻や娘も大満足。ここも塾での登山に使える所だ。選択肢の一つに加えよう。

4月26日(木)

 県立高校の入試に関する講習会を受ける。将来は千葉県も1本化になる可能性が高いようだ。

4月22日(日)

 首都圏模試に中受の小6生2名が参加した。健闘を祈る。

4月21日(土)

 ノートパソコンをネットで購入。プロジェクターに接続し、英語学習に使用する。これまで使っていたのは別の用途があるため、交代した。これによってネット環境がさらに進化した。いや、すると思う。

4月20日(金)

 健康診断。血液、尿、レントゲン、心電図などなど。結果は来月。どうかなあ。

4月19日(木)

 塾の経営コンサルタント会社と理事長として話し合い。研修の相談をする。

4月18日(水)

 小学生を引率する春季ハイキングの下見。高尾山だが、15日とは違ったコースを確認。

4月15日(日)

 春期鍛練登山(高尾山と陣馬山をほとんど駆け足で往復登山)。夜は松戸市柔道連盟総会に出席。

4月14日(土)

 北辰館柔道場師範代慰労会。

4月12日(木)

 顧問税理士と税務相談。

4月11日(水)

 理事会。年間スケジュール確認と総会の準備。

4月8日(日)

 千葉県柔道連盟より表彰を受ける。32年間柔道場を続けて良かった。夜は、新宿都庁ビルで全国学習塾協同組合20周年記念式典に参列する。

4月7日(土)

 中学受験クラスの模擬テスト。春期講習会の補習もあり、今日は忙しかった。

4月4日(水)

 春期講習会が無事に終了した。但し、補習がかなり残っている。1週間くらいで終わらせたい。

4月1日(日)

 東葛柔道会による柔道指導者講習会に参加。安全教育の講習を受ける。

3月31日(土)

 中学生全員の模試。日頃の努力の成果を期待する。

3月26日(月)

 春期講習会開講。

3月25日(日)

 江戸川の土手をハイキング。塾のハイキングとしてもいい所だ。帰ってからは春期講習気の準備。

3月18日(日)

 NPO塾全協東日本ブロック東京支部研修会に参加。

3月14日(水)

 NPO塾全協東日本ブロック理事会。総会等について打ち合わせ。

3月11日(日)

 教え子たちと飲み会。北千住で。懐かしい顔ぶれと楽しく飲んだ。コンピューターの専門家から大学講師まで様々な職業についている教え子から興味深い話をたくさん聞いた。大変勉強になった。

3月10日(土)

 小学生の新聞検定。13名が参加する。

3月8日(木)

 参議院会館で文教族の国会議員たちと勉強会があった。NPO塾全協東日本ブロック理事長の立場で参加する。正確には、「塾教育を考える議員連盟」と「理数・科学技術教育推進議員連盟」との合同勉強会である。その中で日本理化学協会会長の説明があったが、この協会の初代会長は講道館柔道の創始者である加納治五郎氏であった。加納氏の懐の深さというか、人間力の大きさに感銘した。文武両道の教育を目指している自分としては加納師範の万分の一でも努力したいと思う。

3月1日(木)

 新年度クラスがスタートした。今年度から中学の教科書が全面大改訂となる。塾の教材も全て新しくなった。ここ1ヶ月は毎日、新教材の予習やら、指導計画の練り直しやらで忙しかったが、何とか無事にスタートを切った。

2月16日(木)

 パソコンセミナーに参加する。最先端ソフトの説明があったが、説明の言葉がよくわからない。パソコン用語から説明してほしかった。勉強不足というべきなのか、とてもついていけないとあきらめるべきなのか。いずれにせよ、当面の自分の実務には全く関係ないレベルの話なので、どうでもよいとしておこう。

2月12日(日)

 中学受験生の合格祝賀会。子供たちとディズニーシーで一日を過ごす。ここは別天地の感がある。足が痛くなるほど、歩きまわり乗りまくった。

2月9日(木)

 池袋でNPO塾全協の研修会。理事長として参加。高校入試の現状分析を行う。

2月5日(日)

 恒例の冬季鍛練登山。今年は高川山。教え子の社会人たちと。976メートルと低山だが、富士山は勿論のこと関東周辺の山々が一望できる。登山道入り口からアイゼン装着の冬山登山となった。頂上からはやや雲があったが、360度の大展望を楽しんだ。以前、家族で秋に来た時は富士のあまりの見事さに息をのんだが、今回も富士山の圧倒的な存在感を味わうことができた。
 前日までに中学受験生が全員第一志望に合格しているので、気分も最高の登山であった。

1月29日(日)

 北辰館卒塾生の成人を祝う会。男子8名女子2名の10名が参加。例年よりも多く、賑やかな楽しい会となった。教え子と飲む酒は最高だ。情報学部でコンピューターの専門家を目指す者、法学部で居酒屋でバイトしながら行政書士を目指す者、経済学部で会計士を目指す者、航空整備士の養成学校で学ぶ者、外国語学科でドイツ語専攻の者、理系学部で化学者を目指す者、アパレル業界でバイトしながら大学では古典を学ぶ者、仲間と会社を設立しようとしている者、スポーツ系学部で柔道整復師を目指す者、そして教育学部で教師を目指す者。皆の夢がかなうといいな。頑張れ。

1月28日(土)

 開成柔友会の総会に出席。懐かしい先輩後輩と久しぶりに会った。よく乱取りをしてくれた先輩の一人が財務省の事務次官になっていたり、大病院の院長だったり、後輩が検察庁の大物だったりして、皆の活躍ぶりに元気をもらった。今年は開成柔道部創設100周年記念パーティーが11月に開催される。楽しみだ。

1月18日(水)

 定例理事会。2月6日(月)に開催される東日本ブロック主催の教材展の打ち合わせ。準備は順調だ。次いで、5月に予定されている総会と中高入試を考える会の実行委員会が始動。さらに全国研修大会の準備も始めなければならない。今年の担当は東日本ブロックだ。今年も忙しくなるぞ。

1月11日(水)

 業界の情報展と業界団体の合同会議にNPO塾全協東日本ブロック理事長として参加する。

1月8日(日)

 恒例第32回北辰館柔道場紅白試合。OBを含めて門生が一堂に会し、勝ち抜き戦と団体戦に燃える。北辰館柔道場から開成に進学し、館長と同じ開成柔道部に入部しているK君も久しぶりに参加した。午後は業界の合同新年会。NPO塾全協主催のため、主催者側の理事長として開会挨拶。各業界団体のトップや自民と民主それぞれの国会議員も出席してくれて大賑わい。ハープ演奏やソプラノ歌手の歌は勿論、和太鼓演奏も大好評だった。民間教育大賞を受賞した元会長の田中幸穂氏も出席して我々を叱咤激励。日本の復興と私塾私学の発展を祈って盛会のうちに終了した。

1月7日(土)

 冬期講習会の総まとめともいうべき模擬試験。小5の受験クラスと中3生が奮闘。

1月4日(水)

 北辰館柔道場稽古始め。元気な顔がそろった。今年も頑張るぞ。

1月1日(祝・日)

 地元の神社に家族そろって初詣。塾生の合格や成績向上、家内安全など盛りだくさんの祈願。今年は日本復興元年だ。いい年になって欲しい。午後は墓参り。今日は家族でのんびり過ごした。が、地震にはひやりとした。油断してはならない。

バー

HOME     e−mail