スキャナ導入&Tシャツデザインの巻

 こんにちは、先日マイクロソフト社分割の判決が出ましたね。ゲイツ氏はあくまで強気で控訴するようですが、そんなことよりフリーズしないWindowsを作ってくれと言いたい飯野です。
 閑話休題、今回はスキャナと第2回パソコンイベントの模様をお送りします。 

1.スキャナ導入!

 今回、北辰館にようやく待望のスキャナが導入されました。塾の教室でパソコンを使うとなるとオフィスで使う場合などと比べ、よりクリエイティブ(?)というか図画工作的な情操教育面での使い方が増えます。ですのでスキャナはどうしても必要だった一品でした。機種はネオスコーポレーション(株)の「Neoscan EZ」です。何故これに決めたかといいますと私が同じ機種を自宅で使っていて重宝していることもありましたが、最大の理由は1番安かったから(笑)です。代引きの通販で送料込約1万円で導入しました。
 スキャナといえばちょっと贅沢なアイテムと思っていたのですが、最近は低価格でこんな高性能な物が買える時代になったのですね。「今が買い」のアイテムといえるでしょう。
 これで生徒もメールで好きな画像を送ったり出来るようになりましたし、イベントなどにも最大限活用していきたいと思っています。

スキャナ

※「パソコン導入記」では何故だかやたらと製品紹介が多いですが、メーカーとは一切無関係です。でもこのスキャナはオススメですよ。

スペックなど
メーカー・型番
ネオスコーポレーション Neoscan EZ NSF-2000UG
光学解像度
600(水平方向)×1200(垂直方向)dpi
入出力
入力 36bit(RGB各色12bit)
出力 36bit(RGB各色12bit) or 24bit(RGB各色8bit)
特徴
接続はUSBケーブルのみ。電源コード不要!
1.6kgの超軽量級で持ち運びも楽々。
低価格スキャナでは珍しく、36bit出力が可能

2.Tシャツデザイン

 さて、今回6月10日(土)にアイロン転写紙を使ったオリジナルデザインTシャツを作成するイベントを開催しました。
 Tシャツのデザインがパソコンで出来ることは結構知られていると思うのですが、実際に試した方はあまりいないのではないでしょうか。私もそうだったのですが今回やってみて予想以上に楽しかったです。また非常に出来のいいものが仕上がるのにも驚きました。

開催決定
 そもそもTシャツ作成のイベント開催を決めたのは約3週間程前でした。前回のペーパークラフトの時に生徒にアンケートを取っていたのですが、Tシャツ作りをやってみたいという声が結構あった事がきっかけでした。(以前にもTシャツ作りを検討したことはあったのですが、近くの小学校のパソコンクラブで既に行なわれていたことが分かり見送っていたのです)
 早速Tシャツ用の用紙を発注しました。用紙はキャノンのアイロンプリンタ用紙「Tシャツ転写紙TR-201」にしました。プリンタがキャノン製なので同社の製品に決めました。ちなみにこれは1パック5枚組1000円です。今回は1ケース(5パック)注文しました。やや高い気もしますが特殊な紙であることをかんがえると、むしろお手頃価格かもしれません。

展示品作成
 生徒への告知は開催の約2週間前でした。告知当初は「興味はあるけど今一つピンと来ない」といった声が多くあまり参加者も見込めなさそうでしたが、それは元々予想していました。Tシャツ転写紙が届いてから、前回同様見本を作成・展示すれば大抵の生徒は興味を示すだろうと考えていました。
 さて、発注からだいぶ遅れてTシャツ転写紙が到着しました。さっそく授業終了後の深夜に館長の沼田と見本作成に取りかかりました。今回は沼田の好みで宮崎アニメの「紅の豚」のパンフレットからデザインを取りこみ作成することにしました。セピア色の青春時代の写真を背景に主人公の豚がポーズを決めているシブいイラストです。

 まず今回導入したスキャナで画像を読みこみ明るさやコントラストなどの画質を調整します。画像ソフトは今回フォトショップLEを使いました。「HOKUSHINKAN SCHOOL」という文字を合成して完成です。スペルなどをチェックしたら早速プリントします。(紙が高いのでミスプリントがコワイのです)
 プリントはアイロンプリントの為左右を反転させて印刷しないといけないのですが、キャノンのプリンタの場合ドライバ画面で「Tシャツ転写紙」という項目を選択しておくと自動的に左右の反転した画像をプリントしてくれます。印刷できたら印刷範囲から5mmほど余白を残しハサミで切りぬきます。
 さて、切り抜いたらTシャツの上に載せアイロンをかけるのですが、この時普通のアイロン台を使ってはいけません。机やテーブルなど固い台を使用します。その上に新聞紙を15枚ほど敷き更に白い無地の紙を敷きます。北辰館には余っているモゾウ紙がたくさんあったのでそれを使用しました。それからようやくTシャツを置きその上にプリントした紙を置きます。用紙の位置は曲がっていたりすることのないよう注意して決めます。アイロンは最高温度にして体重をかけてじっくり何度も圧迫していきます。終了したら充分さめた後にゆっくり用紙を剥がしていきます。
 成功した場合は用紙から完全にインクがTシャツに転写され用紙は真っ白になります。Tシャツは用紙のかぶさっていた部分がビニールコーティングされたようになります。(印刷の範囲外でインクのついてなかった箇所もビニールコーティングされます)

 さて、見本は非常に美しい出来映えに仕上がりました。背景がセピア色の微妙なグラデーションだったので微妙な発色が心配だったのですが、全く問題ありませんでした。期待以上の出来に正直おどろきました。
 さて、見本を展示してから生徒の反応もだいぶ変わったようです。申込の数が目に見えて増え、最終的に前回とほぼ同数になりました。

生徒のデザイン
 生徒にはキャノンTシャツパークTシャツミュージアムに沢山ある出来合いのデザインから選択するか、自分の好きなデザインを持参するか、各自に好きなほうを選ばせたのですが、結局1名をのぞいた全員が自宅から希望のデザインを持参しました。
 持参した物は様々で生徒の好みや性格が出て非常にユニークでした。イラストをサインペンで書いてきた者もいれば、漫画を切り張りしてコラージュ作品を作った者、アニメの下敷きやNBAの雑誌切りぬきなど様々でした。やはり前回同様キャラクターものが圧倒的に人気があるようです。

生徒持参のデザイン
種類
モチーフ
コラージュ(切り張りをした作品)
※「名探偵コナン」のコラージュ作品を見本に作成しておいた影響のようです。
遊戯王
NHKBSドーモ君
となりのトトロ
KinKi-Kids&V6
トレーディングカード ポケモン
自筆イラスト ポケモンのマリル
バンダナ 八ヶ岳の動物プリント
雑誌切りぬき ヒカルの碁(少年ジャンプ)
NBA選手(バスケの雑誌)
下敷き たれぱんだ
魔方陣グルグル
インターネット画像 天空の城ラピュタ
ノートの表紙 ポケモン
ポケモン
ゲームCD-ROMのジャケット ファイナルファンタジー
パンフレット ストリートファイターZERO3
コミックの表紙 はじめの一歩
カレンダー NHKBSドーモ君


 本来これを生徒各自にスキャン・画像加工・印刷をさせるのが「パソコンイベント」としての正しいあり方ではあるのですが、前回も書いたようになにしろ北辰館教室内にはPCが1台しかありません。その為数日前からデザインネタを持参させ、数日間をかけて授業終了後に私がスキャン&加工・プリントしました。ただし文字の配置や大きさなどデザイン面は生徒が希望した案をそのまま使いました。
 それでもTシャツにした時に不自然な宣伝コピーや見出し等を消してその後を合成したりと、結構手間隙はかかりました。(完全徹夜になった前回に比べれば随分とスムーズに出来たのですが・・・)

開催当日
まずは切抜き。 当日はアイロンを使っての作業になります。アイロンの台数の関係もあるのですが、安全面も考慮して一度に来る生徒数を制限してpm1:00の回とpm2:00の回に分けました。Tシャツは白無地の物を各自が持参しました。
 柔道場を会場にして館長の沼田が現場の監督に当たります。アイロンがけの指導は敬子先生が行ないました。敬子先生は沼田の奥さんで英検クラスを中心に北辰館の講師も勤めている才媛です。ちなみに料理も非常にお上手です(^^) 。私はといえば当日追加されたデザインの加工&プリントをしつつ生徒への切り抜きなどの指導をしていました。
 アイロンがけはほとんどの生徒が未経験でしたが敬子先生の指導もあってスムーズに進み、最終的に全員の生徒がうまくアイロンプリントを成功させました。センスのいい生徒の作品は手製の物にはとても見えず、そのまま市販してもすぐ売れそうな物もたくさんありました。

アイロンがけ

←まずはアイロンがけです。

冷めたら、ゆっくり剥がします。
冷めたらゆっくりはがします。

ハイ、出来上がり!

←ハイ、出来上がり!!

完成作品を着て、記念写真!
できたばかりの作品を着て記念写真!

 
完成作品を着て、記念写真2!
 
完成作品を着て、記念写真3!

 アイロンがけのみと非常にシンプルなイベントではありましたが、前回以上に各人の個性が出る作品が仕上がったので生徒の喜びも大きかったようです。また、他の生徒の作品も非常に気になるようで互いに見せ合ったりしてとてもにぎやかな1日となりました。前回に続き参加者も多かったこともありますし、まずは今回のイベントも成功だったといって良いと思います。 

参加者うちわけ
 
小4
小5
小6
中1
中2
中3
合計
男子
2
3
1
2
2
2
12
女子
0
3
4
0
0
0
7
2
6
5
2
2
2
19

※北辰館のパソコン教習は原則的に無料ですが、今回はアイロンプリント用紙の実費200円のみ徴収致しました。

3.特別付録(!?)

 今回のオリジナルTシャツイベント開催にあたり、私もこんなTシャツ用デザインを作ってみました。生徒に見せたら結構ウケたのでアップすることにしました。ご自由にお使い下さい〜。

(記:飯野岳夫 2000.6.14)

バー

HOME   BACK   e−mail